★ポケットティッシュのことなら何でもご相談下さい

Home よくある質問 会社概要 商取引法 お問合せ

◆レギュラーサイズデータの作り方

■フィルム片面印刷の場合
片面フィルム印刷寸法図

※10Wは下記テンプレートでご確認ください

【Check1】ポケット側は透明フィルムになります

フィルム印刷片面印刷の場合、ミシン目側の印刷が一般的になります。反対側(ポケット側)は透明になりますので、ご自分で作成されたラベルや割引券などを手差ししてお使いいただくことが出来ます。

ポケット側のみにフィルム印刷されたいときは、別途白版代が掛かりますので詳しくはお問合せください。

【Check2】背景に塗りなどがあるときは厚さの真ん中まで伸ばしてください

背景に塗りや模様などがあるときは、厚みの真ん中まで伸ばしていただきますと、見た目がきれいに仕上がります。白版も厚みの真ん中から反対側の厚みの真ん中までとなっております。

【Check3】ミシン目は上下2〜3o動きますのでご注意ください

テンプレート内のミシン目位置は、目安となります。製作時に上下2〜3o前後動くことがありますのでご了承ください。絵柄の向きも注意して作成してください

【フィルム印刷テンプレート】

→レギュラーサイズ6W・8Wフィルム片面印刷用テンプレート

→レギュラーサイズ10Wフィルム片面印刷用テンプレート

■フィルム両面印刷の場合
両面フィルム印刷寸法図

※10Wは下記テンプレートでご確認ください

【Check1】フィルムの全面に印刷することが出来ます

ポケットティッシュ全面に印刷することが出来ます。そのためポケットにラベルなどを差し込んでも見えなくなってしまいます。但しフィルムの合わせ目を変えることによりポケットの外側フィルムを透明(※注1)にすることが出来ます。詳しくはスタッフまでお問合せください。

【Check2】裏面(ポケット側)のデザインはギリギリ上まで配置してください

ポケットティッシュの構造上裏面は合わせ目になりますので上部5o程度は表面のフィルムデザインとなります。そこで、裏面はギリギリ上までデザインを配置することによって真ん中にデザインがくるようになります。

【Check3】絵柄の向きに注意してデザインしてください

テンプレートに絵柄の向きが記載されておりますので、注意してデザインしてください。反対向きにデザインしてしまうとポケットが下向きになってしまうなどカッコが悪いポケットティッシュになってしまいます。

【フィルム印刷テンプレート】

→レギュラーサイズ6W・8Wフィルム両面印刷用テンプレート

→レギュラーサイズ10Wフィルム両面印刷用テンプレート

※注1・・・別途白版代がかかることがありますので詳しくはポケ蔵までお問い合わせください

ページトップへ