データの作り方

オフィスソフトで作成したデータを使うためには

このページでは、ポケットティッシュラベル用の印刷データをオフィスソフト(エクセル・ワード・パワーポイント)で作成するときのポイントを説明しております。

今なら変換料の掛からない「PDF保存で完全データキャンペーン」行っております。また、自信がない方には、変換料を頂いて微調整をするコースもありますのでご安心ください。

その他、詳しくはポケ蔵まで直接お問い合わせください。

オフィスデータの作成

1)ラベルの大きさについて

レギュラーサイズのラベルの大きさは104㎜×73㎜になります。また、スクエアサイズのラベルの大きさは104㎜×98㎜になります。

ラベルの大きさレギュラーとスクエア

作成するときのコツは、110㎜×79㎜(スクエアは110㎜×104㎜)の四角の中に文字を配置してください。

その際、断裁時のズレに備えて文字は端っこから5㎜程度中側に配置してください。ギリギリの配置は断裁時に切り落としてしまうことがあるのでやめましょう。

データの正しい作り方

各ソフトのテンプレートがありますので、ダウンロードして使ってみてください。→こちらからどうぞ

2)文字(フォント)について

スクエア手入れ写真

文字は出来るだけ最初から入っている文字を使って下さい

基本的な文字でない場合、弊社で開いたときに文字の形が変わってしまうことがあります。明朝体は細い部分がありますので、小さな文字で使うことはやめましょう。

また、文字の大きさは8ポイント以上でお願いいたします。それ以下の場合、文字が潰れてしまったり、読めないことがありますのでご注意ください。

文字の大きさを変えたり装飾して使うときは、「ワードアート」を使うと自由にデザインすることが出来ます。
「ワードアート」を使うには、右の図のように「挿入」タブから「A」をクリックしてください。特に弊社のテンプレートを使うときは、文字の大きさなどを変えた時にテンプレートの大きさが変わってしまいます。
ぜひ、この「ワードアート」を使ってデザインされることをおススメいたします。

3)色の使い方について

エクセルやワード、パワーポイントから印刷用のデータに変換した場合、色合いが変わります。(RGBからCMYKに変換)
右のサンプルのように鮮やかだった色合いがくすんだイメージの色合いになります。
出来るだけサンプルのような色を大きく使うことはおすすめ致しません。なお、頂いたデータは印刷用に変換後、お客様に画像を確認して頂いております。
※色彩の調整は行っておりませんのでご了承ください。

もし、色合いにこだわりのある方は、デザイン作成(別途3,000円)で承ることができますのでご検討してみてください。

オフィスデータ保存

1)完成したデータの保存方法

印刷データが完成したら、保存をするときに①ファイルの種類を何も変えない保存形式(xlsx、docx、pptxなど)と②ファイルの種類を「PDF」に変えた保存形式の2つをフォルダに入れてご用意下さい。

データの保存形式

また、データを作成する際に使用したロゴマークやイラスト、QRコードなどはデザインのとは別に大きくしたものをPDF形式で保存して一緒に入れて頂くことをお願いしております。

2)データの入稿について

印刷データの入稿のタイミングは、注文内容入力後に表示される入稿画面①からお送り頂くか、注文後に届く「自動返信メール」のURL②から入稿することが出来ます。

1データで40MBまでのデータ量で、一度に送れるデータ個数は5つまでとなっております。1つのデータ量が大きい場合は、複数に分けて入稿してみてください。
また、圧縮(zipやsitxなど)しますとデータ量が小さくなりデータが壊れにくくなります。

頂きましたデータは、弊社でデータ確認後にお客様にも必ず確認を頂いておりますので、ご確認後に「校了OK」ボタンを押してください。

よくある質問

Q1 PDFで保存できないとデータとして使えないの?


A. PDFで保存が出来なくても使うことができます。ただし、データ変換料が掛かりますのでご了承ください。


Q2 データの修正はしてもらえないの?


A. 完全(PDF)データでお預りした場合、基本的に修正は致しません。ただし、データの拡大縮小程度は行いますのでご安心ください。


Q3 イラストや写真は用意頂けますか?


A. 弊社でのご用意はありません。無料イラストサイト(イラストAC)などを使ってお客様がご用意下さい。


★その他「よくある質問集」はこちらをご覧ください。

お問合せはこちら

ページトップへ