フィルム印刷を考えている方に~その2~

フィルムの印刷を考えている方に、これだけは考えてから作ってほしいということで書かせて頂きました。

フィルム印刷のポケットティッシュを作成するとき、結構その場限りで製作してしまう方が多いですね。

どうしても、作ることだけに精一杯になって後々のことまでは考えていない!

フィルム用の版は使いまわしで使えることは先日のブログに書かせて頂きました。

そこでいくつか製品仕様について注意点があります。

まず、タイプによっては使いまわしが出来ないということ!

どういうことかというと、6Wと8Wは同じピッチなので使いまわしが出来ますが、10Wはマチ(厚み)が違うので同じ版を使うことは出来ません。

これは困ったことですね!?

ゆくゆくのことをよ~く考えてから作ってくださいね。

次にフィルムの違いによる使いまわしが出来ない件です。

フィルムには透明なタイプと半透明なソフトタイプがありますが、それぞれからの使いまわしは出来ません。

このようにポケットティッシュの仕様によっては版の使いまわしが出来ないので、新たな版を作らなければなりません。

ポケ蔵では、そのようなご相談でもお気軽にお問い合わせいただければお答えしております。

しっかりと納得してからポケットティッシュを作成してくださいね。

そんな時は、ポケットティッシュ専門店のポケ蔵をどうぞよろしくお願いします。

4月からのスタートダッシュ

今日から4月になりました!

新たな気持ちでスタートという方も多いでしょうね。

ポケ蔵も新たなキャンペーンを始動いたしますので、よろしくお願いいたします。

フィルム印刷を考えている方に~その1~

ポケットティッシュのフィルム印刷を考えている方に、参考になればと思い書かせて頂きます。

外装のフィルムに直接印刷する「フィルム印刷タイプ」!

ポケ蔵ではグラビア印刷で製作しますからとてもきれいに仕上がります。

また全面に印刷できるのも特徴的ですね。

ただし、フィルム印刷の場合ラベル台紙封入タイプと違って版代などが別に掛かりますから、お値段も高くなってまいります。

そこで、より慎重に製作されることをお勧めしております。

一度製作した版は、一字一句変更することは出来ませんが、まったく同じ版ならば次回以降版代が掛からずにフィルム印刷をすることが出来ます。(但し保管期間がありますのでご注意下さい)

要するにポケットティッシュの製作代金だけで追加発注できるんですね。

フィルム印刷を検討されている方は、追加発注などをするかなど次回以降のことも考えて製作すると失敗しないで作ることが出来るでしょう。

また、その時の注意点を次回以降にまとめてからブログで公開したいと思いますので楽しみにしていてください。